株式会社RJは、モジュール化建築を積極的に模索し建築モデルの革新に無限の可能性を創造します

株式会社RJ
プライバシーポリシーお問合せ
お電話でのお問合せ

日本のモジュール化住宅の施工手順

1995年 神戸大震災後、軽鋼構造建ての住宅は日本で普及されれました。特に1995年神戸大震災後、震源中心兵庫県は『フエニックス計画』を実施しました。8級地震に耐えられる建物を要求されました。日本政府は『ゼロ死』計画を提出しました。耐震性能に優れた軽鋼構造、軽質材料など様々な最新的な防震手段を広く運用されています。すべての古い建物はそれぞれの軽鋼構造フレームで強化されました。
 
2011年 日本は今までない最大な地震と強い津波に遭いました。地震自体は建築に大きな破壊を持ち込まれなかったんです。日本建築は9級地震に耐えられたと事実に証明されました。

”日本は世界で自然災害最も厳重な国の一つです。“ 70%以上の町、50%以上の人口は気候、地震などの自然災害厳重な地域に分配されています。

18年前に日本政府は『ゼロ死』計画を提出。

1.すでにコンクリートを流し込んだ枠型を基盤にし、角にネジを組込

2.製造した壁、板と屋根を運送

3.壁をつり上げて据え付ける

4.ネジを閉じる

5.外壁に青色XPS保温構造の押出シートを貼る

6.ビル壁をつり上げて据え付ける

7.ビル壁モジュールの準備

8.基盤の仕上げを整え、外部保温層と基盤外部を合わせる

9.二重壁モジュールをつり上げて据え付ける

10.隔壁の片面に多層板を装置

11.笠石に穴を設け、保温構造の押出シートを笠石に貼り付けることによって運送破損を避ける

12.螻蛄羽の装置

13.屋根の装置

14.本体の基本工事が完了。即日に全体的に仕上げることができる

15.強化や補正処理を行う